即日キャッシング利用した姉・・・

うちはそれほど兄弟仲がよくないので、(まあ、いがみ合ったりするほど悪くもないけど)
普段、あんまりお互いに交流とか干渉とかしないんですよ。
まあ、年に一度、正月くらいには実家に集まるくらい。
そんな状態ですが、何故か弟嫁が錯乱状態でうちに電話かけてきましてね。
なんだろうと思って、話をとりあえず聞いてみたら、
「私は悪くないのに離婚される!お義姉さんなんとかして!」
みたいなこと言ってましてね…正直わけがわからないよ(゚Д゚)ハァ?
で、あとから弟からも電話かかってきたんですが、どうも弟嫁が
借金してたらしくって、それで弟が離婚だのなんだのって言ってるみたい。
…弟嫁よ、それはどう考えてもお前が悪いだろ。
弟嫁はパート主婦なんですけども本当は専業主婦やりたかったみたいなんですよね。
とはいえ、子供は一人っ子と決めていたのが、思いがけず双子だったせいで
弟嫁にも働いてもらわないとってなってしぶしぶパートに出てたんですよ。
でも、外に働きに出ると、当然、自分自身の服とか化粧品とかもろもろを
用意しないといけませんが、そこらへんを、同じ職場のフリーターのギャルに
対抗意識(…)出してがんばっちゃったらしいんですね。
で、パート代だけでは足が出るってんで、カードローンでキャッシング…。
キャッシング即日融資list@審査の早いカードローンはココ!ってサイト見て、
プロミスだかアコムだかの消費者金融からお金を結構借りてたみたいです。
ああいうローン会社って、即日融資とかってサービスとしてやってくれてるけど
弟嫁のようなすぐに頭に血がかっとのぼってしまうタイプの人に
冷静に考える期間を与えずにお金貸してくれちゃって困ったものですよね。
まあ、向こうも商売ですから、あえてそうしてるんだろうけど。
最近はWEB契約とかで、無人契約機が置いてある店舗とかにすら
行かなくてもお金が借りれてしまう仕組みになっているんだとかで
本当に、最初に借りるまでのハードルがめちゃめちゃ低くなってるよね。
銀行口座なんかに振込融資するんだってさ…しかも、消費者金融の
カードローンだけではなくて、銀行系カードローンまでもがこの方法で
即日融資できるようになっちゃってるっぽいよ。
でもさ、借金しちゃってても、それを反省して、もうしませんっていうんなら
まあ、うちの弟も離婚だ何だって言わなかったと思うんですけど、
弟嫁が「もとはといえば、稼ぎの悪いあんたが悪い!」とかって言い出したらしく…。
いやはや、めちゃくちゃ禁句ですよね、男性に対してこういうのは。

返済計画の立てやすいキャッシングの手軽さとは

必要な時にいつでもお金を借りることができるのが、キャッシングの魅力です。消費者金融などでキャッシングのサービスを利用する場合には、事前に返済計画を立てるのがポイントです。サービスを提供する業者のウェブサイトで返済のシミュレーションができるので、誰でもすぐに最適な借り入れプランを見つけることができます。したがって無理をしない範囲で、上手に融資を受けることも可能です。またキャッシングの魅力は、インターネットで申し込むことができて、すぐにお金が利用できる手軽さです。審査もスピーディーなので、最短でその日のうちにATMでお金が引き出せるので便利です。小さな金額の利用であれば審査も緩やかなので、パートやアルバイトの人でも利用しやすいです。電話で借り入れの相談もできるので、キャッシング利用の初心者でも安心です。日割り計算で利息が算出されるので、短期間であれば低コストで必要な金額を借りることができます。

キャッシングの在籍確認ってどんなもの?

“キャッシングは、無担保・無保証でお金を借りるものですので、本人が働いていて収入があるということが最も重要です。そのため、勤務先情報に偽りがないかどうかを確認する在籍確認はどこの金融機関でも必ず行っています。

在籍確認では、銀行では銀行名を名乗ることもありますが、ほとんどの金融機関では担当者の個人名を名乗るようになっています。「山田と申しますが、田中様はいらっしゃいますか?」といったように電話がかけられます。キャッシングに申し込んだということを会社にバレたくないと思っている消費者がたくさんいるので、それがサービスに反映されてこのような在籍確認が行なわれるようになったようです。

それでも、派遣やアルバイトの人は個人名で電話がかかってくることはめったにないので、怪しまれたりしないか心配になると思います。そのような場合は相談をすれば、社会保険の健康保険証や給与明細などの会社への在籍が証明できる書類を提出することで在籍確認のかわりになることもあります。”

18歳でも利用できるキャッシング会社

未成年でもお金が必要になることはありますが、ほとんどのキャッシング会社では未成年にお金を貸してくれる所はありません。
しかし学生専用のキャッシング会社なら、18歳以上で学生であることを条件にお金を貸してくれる所もあります。
その場合はアルバイトなどで、毎月収入があることが条件になります。
予備校生や専門学生でも18歳以上ならば利用できますが、学生でないと利用することはできません。
ただし、18歳以上でアルバイトなどの収入があっても、高校生は申込めないので気をつけてください。
親に連絡がいくのか不安に感じる人もいますが、親には連絡がいかないので、親に内緒でお金を借りることができます。
しかし、返済遅延などを頻繁におこすようだと、親に連絡がいく可能性もあるので気をつけてください。
学生専用のキャッシング会社は、審査に比較的通りやすく、アルバイト先への在籍確認の電話連絡はしない所が多いですが、その代わり融資額も10万円くらいと少ないので注意が必要です。

キャッシングの利息と遅延損害金の違い

キャッシングの利息とは、約定された金利で支払う手数料のようなものです。法律上当然に発生するものではなく、あらかじめ契約をしていないと利息をとることはできません。

一方、遅延損害金とは損害賠償の一種です。あらかじめ契約をしていなくても、年5%の遅延損害金をとることができます。一般的には、キャッシングでの遅延損害金は年20%とされています。

このように、利息と遅延損害金は別物です。そして、利息と遅延損害金が二重にかかってくることは基本的にはありません。利息とは定められた期日までにかかってくるものであり、約定された期日を過ぎると利息はかからず、遅延損害金に変わります。

しかし、キャッシングでは分割払いとなっていますから、この2つが同時にとられることはあります。例えば、100万円を毎月5万円ずつ返済していく約束をしていたとします。ここで最初の月に5万円を支払わなかったとすると、5万円に対しては遅延損害金がかかり、95万円については引き続き通常の利息がかかってきます。